2013年9月の株式相場

SMBC日興証券:日本株は8月後半から9月にかけて調整リスク

PERの切り上がりが展望できない限り、日本株のアップサイドは限定的と指摘。日本株が割安水準ではないことから、今後のイベント次第では、いったん調整局面に入るリスクもあるとの見方で、9月から10月にかけて海外のイベントはリスク含みのものが多いと解説。当面の日本株は8月後半から9月にかけて調整リスクが高まると想定し、セクターでは、建設、ビジネスソフト・ITサービス、通信、エンタテインメント、メディアを「オーバーウェート」に、半導体製造装置、民生用エレク、精密、電子部品を「アンダーウェートに設定。一部銘柄あるいはサブセクターに魅力があるものとして、紙パルプ、セメント、リース、電炉を紹介しています。

みずほ証券:「中長期的上昇局面の短期的な調整局面にある」

テクニカルでは、日経平均は7月SQ値14410.75円を下回っていると「中長期的上昇局面の短期的な調整局面にある」と指摘。売買代金が2.2兆円を下回っていると先物中心の動きになり、裁定売買で乱高下しやすい不安定な状態が続くとみて、7月末から8月SQ頃に安値を形成した後は再び上昇する可能性があると解説。9月13日SQから9月末頃に年初来高値15627.26円を更新する可能性があると予想しています。

東海東京調査センター:ねじれ国会解消はアベノミクスにとってプラス

日経平均が4営業日で1000円以上も下落した事を受け、短期筋が材料出尽くしの売りを出しているようにも見えると指摘。目先は米FOMCなども控えているため不安定な展開が続きそうと見ているものの、日本の実体経済が悪化したわけではないとの見方で、ねじれ国会が解消されたのはアベノミクスにとって明らかにプラスと解説。「4〜6月期決算発表で通期計画の上方修正が少ないのも例年のこと」として、好業績株の押し目狙いを提案。個別では、好決算を発表したサトーHDと小糸製作所に注目しています。



9月2日 カルビー(2229)が反発、株式分割で投資家層の拡大を期待した買い
9月3日 リケンテクノスがスマホ用新フィルム開発、MSのノキア携帯買収は
9月4日 オリンパス(7733)が反落、英国重大不正捜査局による訴追
9月5日  
9月6日  
8月8日  
  一目均衡表の計算値、売買タイミングがわかるDVDオークション
   
   
   
   
   
   
   
   
 
   
   
   
   
   
   
   
   
  アベノミクス特選銘柄:第三の矢 成長戦略



チャート分析、テクニカル

アベノミクス特選銘柄:第一の矢 金融緩和と円安効果

アベノミクス特選銘柄:第二の矢 財政出動

アベノミクス特選銘柄:第三の矢 成長戦略

 

株価ミニチャートのブログパーツ
 

 
 Menu
  レーティング定義
メルマガ登録
一目均衡表
・人気FX
リンク集
アベノミクス特選銘柄
 

 Archives

 

2015年7月
2013年9月
2013年8月
2013年7月
2013年6月
2013年5月
2013年4月
2013年3月
2013年2月
2013年1月
2012年12月
2012年11月
2012年10月
2012年9月
2012年8月
2012年7月
2012年6月
2012年5月
2012年4月
2011年4月
2011年3月
2011年2月
2011年1月
2010年12月
2010年11月
2010年10月
2010年9月
2010年8月
2010年7月
2010年6月
2010年5月
2010年4月
2010年3月
2010年2月
2010年1月
2009年12月
2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月

 

RSS 1.0新着情報
RSS 2.0新着情報
ATOM新着情報レーティング情報 メルトレ

投資情報レポート 株式ネット新聞

 

 
 
レーティング一目均衡表株式ネット新聞メルトレ相互リンクについて||お問い合わせ運営者情報

Copyright (C) 2009 株式投資情報レーティングマガジン All Rights Reserved.