日経平均1万円割れ、JAL再建とウインドウズ7発売

 10月の株式相場は日経平均株価が月足で2ヶ月連続の陰線となった、月末の終値は辛うじて1万円台をキープ、円高は一時、88円台まで進行、自動車やハイテクなど輸出関連銘柄が弱かった。

 2016年オリンピックは惜しくも日本が落選、ブラジル・リオデジャネイロでオリンピック開催することが決定した、関連銘柄としてブラジル高速鉄道関連の銘柄が物色された。
 JAL再建問題が難航したことから株価が100円まで下落、モラトリアム制度やJALに多額の貸付金を抱えている銀行株が年初来安値を更新。

 資源株は原油価格、金価格上昇を背景に堅調、金価格は最高値更新するなど上昇した。ドル安が進む一方で資源国通貨が上昇することから、国際的に投資家はリスク許容度が高まった。ドル安の背景にはドルキャリートレードが原因とも言われている。
 10月22日発売されたウインドウズ7関連銘柄としてタッチパネル関連銘柄が賑わい、ワコム、日本写真印刷が上昇、IPOではデ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576) が上場2日目もストップ高となり個人投資家も積極的に売買に参加する局面も見られたが、信用評価損率が15%を超えるなど、個人投資家のポートフォリオはむしろ悪化して投資環境は良くなかったようだ。

10月1日 市場の話題〜騰落レシオが底打ち、来週のSQが重要ポイント
10月2日 モラトリアム制度、現政権の規制強化リスクは否定できないと
10月5日 2009年下期の株式展望 みずほ証券はTOPIX目標1300ポイント
10月6日 ゴールドマンサックス証券/上方修正余地のある5銘柄を紹介
10月7日 メガバンク大幅高、野村證券の銀行セクターレポートを好材料視
10月8日 東海東京調査センター/来週の参考銘柄はキユーピー、コーセル
10月9日 田中化学研究所(4080)コスモ証券がカバレッジ開始、投資妙味あり

10月13日

JFEホールディングス(5411)ゴールドマンが目標株価引き上げ
10月14日 日本株の見通し/野村證券が株価リバウンドの展開を予想
10月15日 メリルリンチファンドマネージャー調査 日本株アンダーウェイト増加
10月16日 村田製作所(6981)ドイツ証券がレーティング2段格上げで上昇
10月19日 JAL(9205) ヘッジファンドの買戻し観測でリバウンド大幅高
10月20日 10月22日の「Windows7」発売を控えタッチパネル関連銘柄に注目
10月21日 クレディがみずほFG、三菱UFJ、三井住友FGの目標株価引き下げ
10月22日 日本航空(9205) 公的資金注入など支援要請の見通しが報じられる
10月23日 東海東京/業績上方修正が期待できそうな主力銘柄スクリーニング
10月26日 デ・ウエスタン・セラピテクス研究所(4576) 上場2日目もストップ高
10月27日 松屋(8237)業界再編期待で大幅高、Vテク(7717)みずほが格上げ
10月28日 シティ証券11月の投資戦略/有望テーマは環境技術とインフラ投資
10月29日 日経平均株価が1万円を割り込み投資家心理は一気に冷え込む
10月30日 日本株の見通し 当面TOPIXで800〜1,000のボックス圏を想定



 

株価ミニチャートのブログパーツ
 

 
 Menu
  レーティング定義
メルマガ登録
・上場廃止
一目均衡表
・ファイナンス
・人気FX
リンク集

 

 Archives

 

2009年11月
2009年10月
2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月

 

RSS 1.0新着情報
RSS 2.0新着情報
ATOM新着情報レーティング情報 メルトレ

投資情報レポート 株式ネット新聞

 

 
 
レーティング一目均衡表株式ネット新聞メルトレ相互リンクについて||お問い合わせ運営者情報

Copyright (C) 2009 株式投資情報レーティングマガジン All Rights Reserved.