民主党政権が誕生、日経平均が年初来高値更新

 2009年8月の相場は年初来高値10767円まで上昇、月足では3月反騰から6ヶ月連続の陽線となった。株式市場では30日に行われる衆議院選挙を前に、民主党関連銘柄物色が旺盛で民主党政権関連銘柄として子育て関連としてピジョン、コンビ、西松屋チェーンなど、介護関連としてニチイ学館、フランスベッド、高速道路無料化でイエローハット、日野自動車、いすゞ自動車、農業所得保障制度では井関農機、クボタが賑わった。その他、国内で新型インフルエンザ感染者で死亡者が出たことから、新型インフルエンザ対策銘柄として、中外製薬、電気化学、みらかHD、シスメックス、ユニチャーム、興研、重松製作所、興和紡績、日本バイリーン、シキボウ、ダイワボウなどに短期資金が流入、材料株人気となった。

 恒例のメリルリンチ証券ファンドマネージャー調査では、日本株の見通しが悪化、結果として日本株は景気敏感株として最もアンダーウェイトしたい市場になってしまったと伝えている、225先物市場ではバークレイズ・キャピタル証券とクレディスイス証券の大口ポジションに注目が高まった。

 そして8月30日の衆議院選挙で民主党が308議席を確保して圧勝、日経平均株価は新政権期待から年初来高値10767円まで上昇して年初来高値を更新後、急速に伸び悩み終値は10492円で終了した。

8月3日 モルガンスタンレー証券がみずほFG(8411)のレーティングを格上げ
8月4日 大和証券がダイワの月間参考銘柄の入れ替え8月号を発表
8月5日 トヨタ(7203)業績上方修正 UBS証券がレーティング格上げ
8月6日 三菱UFJ証券が日経平均新規採用銘柄と除外候補銘柄を予想
8月7日 市場のウワサ〜バークレイズの日経225先物手口が大注目
8月10日 三菱レイヨン(3404)を三菱ケミカル(4188)が買収する報道で大幅高
8月11日 日経平均はもう一段高へ高値は9月〜10月と野村證券がレポート

8月12日

林兼産業(2286) クロマグロ養殖関連として年初来高値を更新
8月13日 北米機関投資家訪問/日本株に対する見通しはやや強気38%
8月14日 GSユアサ(6674)東海東京が企業価値620円前後とレポート
8月17日 メリルリンチ日本株投資戦略/8月末に11000円程度まで上昇予想
8月18日 大和総研/ポートフォリオにジャフコとソフトバンクを新規組入れ
8月19日 三洋電機(6764) ハイブリッド車の電池をトヨタが調達と報道
8月20日 メリルリンチ証券ファンドマネージャー調査:日本株への見方が悪化
8月21日 民主党関連銘柄が上昇、子供給付金手当て関連で西松屋チェーン
8月24日 大和総研がリリースした新型インフルエンザ関連のレポート
8月25日 日本ガイシ(5333) ナトリウム硫黄電池で600億円の大型受注
8月26日 日立、三菱電機、東芝から金融支援でNECエレクがストップ高
8月27日 日本株相場見通し 「鯨幕相場」は相場の天井圏に出やすい
8月28日 東京電波(6900)がストップ高、村田製作所(6981)と資本提携
8月31日 民主党政権誕生と株式市場への影響 大手11社の相場見通し
   



 

 

株価ミニチャートのブログパーツ
 

 
 Menu
  レーティング定義
メルマガ登録
・上場廃止
一目均衡表
・ファイナンス
・人気FX
リンク集

 

 Archives

  2009年9月
2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
 

RSS 1.0新着情報
RSS 2.0新着情報
ATOM新着情報レーティング情報 メルトレ

投資情報レポート 株式ネット新聞

 

 
 
レーティング一目均衡表株式ネット新聞メルトレ相互リンクについて||お問い合わせ運営者情報

Copyright (C) 2009 株式投資情報レーティングマガジン All Rights Reserved.