日経平均株価が1万円台回復年初来高値更新

 2009年7月の日本株は日経平均株価が1万円台を回復、東京都議選で民主党が圧勝して第一党となった。日経平均株価は1988年以来の9日続伸となり21年ぶりの連騰で注目された。IPOではクックパッドが人気を集め好調なスタート、民主党政権の可能性から民主党マニフェスト関連銘柄が物色され、環境関連銘柄や少子化対策銘柄が年初来高値を更新。

 野村證券が鉄道インフラ関連のレポートを出して日本信号がストップ高、スマートグリッド関連のレポートは野村證券と三菱UFJ証券がリリースしたことで住友電工、トーカロ、メガチップスなどが注目された。みずほFGや三井住友FG、GSユアサなど公募増資銘柄には需給麺から上値が重たい展開が続いたが、月末にはホンダ、日産自動車、ソニーなどがポジティブサプライズ決算で上昇、任天堂はwiiが低調でネガティブサプライズ決算で売り込まれた。シルバーオックスは約束手形が不渡りとなって急落しマネーゲーム化で物色され、メリルリンチ証券が選挙前は株価が上昇しやすいとのレポートも市場の話題となった。

7月1日 クレディスイス証券が小型株相場到来を予想
7月2日 2009年の日本株展望、みずほ証券は9月末のTOPIXを1200ポイント
7月3日 日経平均続落――日経ジャスダック平均は年初来高値更新
7月6日 ドイツ証券が長期投資の為の6銘柄レポートをリリース
7月7日 HSBCの世界ファンドマネジャー調査では日本株弱気が70%
7月8日 ミクシィ(2121) モルガンスタンレー証券がレーティング格上げ
7月9日 市場の話題〜野村證券はNYダウが7400ドル処を試す展開と
7月10日 日経平均株価はダブルトップを形成、下値は9000円処を意識か
7月13日 民主党が初の第一党へ躍進〜民主党関連銘柄ピックアップ
7月14日 クックパッド上場を控え、インターネット関連の類似企業が物色か
7月15日 CS/衆院選挙 新政権発足は景気見通しにネガティブな要因と
7月16日 シルバーオックス(8024) 約束手形の不渡りで後場ストップ安
7月17日 GSユアサ(6674) ゴールドマンサックス証券が目標株価を引き下げ
7月21日 クックパッド(2193) 初値は19500円、公開価格の約2倍
7月22日 メリルリンチ証券日本株投資戦略/ポジティブサプライズの注目株
7月23日 民主党圧勝は日本株が本格上昇と日興シティが予想
7月24日 野村證券がスマートグリッド関連のセミナー、トーカロがストップ高
7月27日 日経平均株価が7月1日以来の1万円台回復
7月28日 民主党マニフェスト注目テーマから超伝導、バイオマス銘柄
7月29日 メリルリンチ証券/衆議院選挙前に株価が上がりやすい習性と
7月30日 ホンダ ポジティブサプライズ決算、野村證券がレーティング格上げ
7月31日 ソニーポジティブ好決算、任天堂ネガティブ決算 wii低調

 

 

株価ミニチャートのブログパーツ
 

 
 Menu
  レーティング定義
メルマガ登録
・上場廃止
一目均衡表
・ファイナンス
・人気FX
リンク集

 

 Archives

  2009年8月
2009年7月
2009年6月
2009年5月
2009年4月
2009年3月
 

RSS 1.0新着情報
RSS 2.0新着情報
ATOM新着情報レーティング情報 メルトレ

投資情報レポート 株式ネット新聞
 
 
レーティング一目均衡表株式ネット新聞メルトレ相互リンクについて||お問い合わせ運営者情報

Copyright (C) 2009 株式投資情報レーティングマガジン All Rights Reserved.